ハサミで真っ直ぐ切れやしないし、お箸もまともに持てやしない。

裁縫なんてもってのほか。「あんたは不器用だから」と親にも諦められる。



器用な人はスグにできるのに、何度やっても上手くいかない。

歯がゆい。悔しい。悲しい。比べられたくないのに比べられ、自分だけができもしない。 



でも、スグにできないからこそ、いったん立ち止まれる。

器用な人が、一段飛ばしにするプロセスでつまづくからこそ、深く掘り下げることができる。



最後の宮大工棟梁・西岡常一氏は言う。



「はじめ器用な人はどんどん前へ進んでいくんですが、本当のものをつかまないうちに進んでしまうこともあるわけです。

だけれども不器用な人は、とことんやらないと得心ができない。こんな人が大器晩成です」と

(「木に学べ 法隆寺・薬師寺の美」より)。



では、不器用さに挫けないためには、どうすればいいんだろう。

大切なのは、「開く」ことじゃないか。できないからこそ、人前でやってみる。できないからこそ、誰かに教えてみる。



確かに、失敗してしまうのは恥かしい。思い通りにいかないのは、むず痒い。

しかし、不器用だからと殻に閉じこもってしまっていると、いつまでも才能は開花しないのではないだろうか。



器用なことは素晴しい。でも、同じくらい、不器用なことも素晴しい。

不器用は、決して、マイナスばかりではない。



勇気をもって、「開く」を続けていけば、

不器用が天賦の才であることを、肚の底が実感するはずなんだ。





                                                              書法道場師範 武田双鳳