2020年は今月でお終いですね。

みなさん、どんな一年を過ごされましたか。

書法道場では、「終わりよければすべて良し」と、みんなで書き方の大掃除をしていきます。



個性が氾濫し情報過多の時代を生きる私たちの書き方には、

知らず知らずのうちに「よごれ」(悪癖など)がついていくものです。



それに気づかせ、削ぎ落す方法としておススメなのが、

元代の書家・趙孟ふの臨書です。



趙孟ふは、書道史上初めて書を「習字化」した人物と言われます。

近づきがたい王義之書法を、一日一万字と言われる徹底的な臨書によりアク抜きし、

近づきやすいものに再生しました。



代表作「玄妙観重修三門記」や「前後赤壁賦」の明るく伸びやかで、透明感に包まれた書を臨書してみると、

いかに自分の書き癖が強いか、いったん原点(王義之書法)に戻ることの大切さを痛感させられます。



「芸術性に欠ける」と明代の董其昌などから痛烈に批判され、

確かに、顔真卿や蘇軾の書と比べるとおもしろ味が足りないようにも感じます。

しかし、あえて自分の色をつけないという趙孟?のスタイルも、ひとつの芸術の在り方ではないでしょうか。



趙孟?の書は、万人向きのやさしい美しさをもった習字的な書です。

しかし、よく観ると、やはり、書の習熟度は極めて高い。



歴史上名高い四人の楷書の名手を「顔柳欧趙」(がんりゅうおうちょう)と呼ぶことがありますが、

唐代の書法の大家(顔真卿、柳公権、欧陽詢)以外で入っているのは趙孟?だけです



ひとまず、趙孟ふの「やさしさ」に触れながら、自分の「よごれ」(余計なこだわり等)などをお掃除していく時間を設けてみましょうか。

どうか皆様が、2020年を「すべて良し」とスッキリ終え、心地よく新年を迎えられますように。




書法道場師範 武田双鳳